×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2000年プライベート編

2000年釣果・・・117本
最大魚・・・42センチ(一碧湖)


日付 平成12年12月11日 午後1時より釣行開始。
1ヶ月ぶりの釣行です。シャローにはバスの姿は見えません。バスどころかギルも鯉も見えません。
パラマックス3インチのショートスプリット、イモグラブのノーシンカーでの釣りです。
岬の先端で20センチぐらいを掛けたが、足元でばらす。
午後3時終了。
場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル #1:HPS−601US
   リーガルZ1500iA
今回の釣れマップ


バラシ(T∧T)


日付 平成12年11月11日 午後3時より釣行開始。
先週と違い、シャローにはバスの姿は見えません。2、3センチの小魚が見えるだけです。
パラマックスのテキサスリグ、スラッゴーのノーシンカーなどを試すが、あたりすらなし。
午後4時15分釣行終了。場所は12連島周辺でウェーディングをしました。
場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル #1:HPS−601US
   リーガルZ1500iA
今回の釣れマップ

・・・・・。


日付 平成12年11月5日 午前7時より釣行開始。朝は気温が10℃しかく、かなり寒かった。日が出てくると暑いくらいだが・・・。
今日はTD−Xの左巻きを試す。サミー85、マラス、アレックスなどを使ってみる。リールは思ったより使いやすかった。が、釣果の方はあたりもなし。
で、例によって例のごとく、スラッゴーへチェンジ。で4匹ほどキャッチし、12時に終了。
最盛期程ではないが、見えバスもちらほら。スクーリングしているバスもいる。
また、シャローではボイルも見える。
場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル #1:HPS−601US
   ステラ1000DH
   リーガルZ1500iA
#2:MTC66M
   TD−X105HVL
今回の釣れマップ

キャッチ(^-^)\


日付 平成12年11月4日 今日は、しとしと雨が降ってました。息も白く、さすがの一碧湖も冬が近いことを感じます。
午後3時より釣行開始。スラッゴーのノーシンカーにてにて23センチを1匹キャッチして、寒いので撤収する。
午後4時終了。
場所 一碧湖
天気
水温
タックル #1:HPS−601US
   リーガルZ1500iA
今回の釣れマップ

キャッチ(^-^)\


日付 平成12年10月26日 今日は、東京より友人がくる「うっちゃん、ふみちゃん」である。
別に漫才コンビではない・・・。
で、一碧湖にて4時過ぎ2人に合流。2人はもうひとしきり釣りをしたらしく、撤収の瞬間だった。
2人の釣果は・・・。触れないことにする。
で、無理やり第2ラウンドへ連れ出す。
1時間弱ぐらい釣りをしただろうか。
やはりスラッゴーのノーシンカーにて、1匹キャッチ。20センチ程度。
2人の釣果は・・・。
午後5時終了。
場所 一碧湖
天気 曇り
水温
タックル #1:HPS−601US
   リーガルZ1500iA
今回の釣れマップ

キャッチ(^-^)\


日付 平成12年10月22日

午前7時30分よりボートで出船し、釣行開始。
場所ははっきり名称がわかりませんが、大きな橋の近辺全般です。
水曜日に、橋のあたりで良型のバスの放流があったそうです。
また、今日も橋の近くの浮いている葦のところと橋の付け根で10センチ前後のバスの放流があったそうです。また、来週のクラシックまでに1回放流があるそうです。
それを聞いたので、今回はそこで釣りをすることにしました。
タックルの内容は、#1がスラッゴーのノーシンカー。#2がリーパーのダウンショット。#3がリトルブラッシュホグの1/16ozジグヘッド。#4はPOP−X。#5がラバージグ。#6がゲーリーの4インチグラブのテキサスリグ。
とまあ、こんだけ用意したんですが、結局#3と#4が使用の90%を占めてました。
POP−Xをサーチベイトに、ジグヘッドをフォローに使いました。
トップにも出てきてくれて楽しかったです。
型もよく、30以下はいませんでした。最大魚は41センチ。
全部で8本で他に2本ばらしました。
午後2時終了。

場所 河口湖
天気 曇り
水温 18.5〜19℃
タックル #1:HPS−601US
   リーガルZ1500iA
#2:HSS−601US
   ステラ1000DH
#3:HSS−601US
   ツインパワー1000DH
#4:MTC−66M
   TD−S105HV
#5:HPC−581MH
   スコーピオン1501
#6:IH58CMH
   スコーピオン1501
今回の釣れマップ
河口湖のマップがありません。


日付 平成12年10月21日

午後0時より釣行開始。
前回、痛恨のノーフィッシュだったため、今回はそのリベンジ。
ロッドも今日は2本持ってきました。
#1はスラッゴーノーシンカー、#2はダウンショット(ケイテックカスタムリーチ)。
12連島周辺は、水面に藻のような物(?)がかなり浮いている。
そこで、それがないところを探して釣りをする(多分水通しがいいだろうと考えて)。
シャローには、見えバスがちらほら・・・。
結果からいうと今日は4匹。その他3回バイトあり。
アクションはというと、ノーシンカーは遠投して、底までつくのを待って、リフトアンドフォール。フォール時にバイトがある。やはりチューニングして水平フォールするのがいいのだろうか?これで2本3バイト。
ダウンショットは、軽くシェイクしながらのずる引き。これで2本。
午後4時終了。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル #1:HPS−601US
   リーガルZ1500iA
#2:HSS−601US
   ステラ1000DH
今回の釣れマップ

キャッチ(^-^)\


日付 平成12年10月14日

午後3時より釣行開始。
今まであまり使ってないルアーを使ってみる。
スクイッズ3.5インチ、アクションエアテイル、etc・・・。
バイトはあるが、のらない。
結局、ノーフィッシュにて午後5時に終了。
ただ、スクイッズは、ノーシンカーでもぶっ飛びます。飛距離はバイブレーション!

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル HPS−601US

リーガルZ1500iA
今回の釣れマップ

・・・・・・。


日付 平成12年10月9日

今日は、買い物帰りにちょこっと寄る。
午後5時釣行開始。
スラッゴーのノーシンカーにて20センチを一本。
午後5時半釣行終了。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル HPS−601US

リーガルZ1500iA
今回の釣れマップ

キャッチ(^-^)\


日付 平成12年10月7日

今日は、ロッドの感覚を忘れないように、EGS−601とTD−Z2004Cで釣行。
軽い、軽すぎる!某ファミレス「ガ○ト」のハンバーグより軽い、285グラム!これも、エッジとTD−Zの軽さのなせるワザ。もうびっくり!
まあ、ロッドは変わっても、リグは変わらず、スラッゴーのノーシンカー。
もう、今年はこれ1本!
午前9時半から釣行開始。
釣果の方は、12連島先端への渡り口で1本をキャッチ。
12連島の先端で3回バイトがあり、そのうち1本をキャッチ。
今回数は出なかったが、釣れた魚は、すごく活性が高かった。
午前11時終了。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル EGS−601

TD−Z2004C
今回の釣れマップ

キャッチ(^-^)\
バラシ(T∧T)


日付 平成12年9月25日

仕事のあと、パックロッドをもって、芦ノ湖で陸っぱり。
午後3時半釣行開始。「ノザキ」で買った、3/8オンスのウィードマックスを引き倒す。
アタリもまったくなし。
午後5時終了。
「おおば」さんでプレデター、サミー、X−70購入して帰る。

場所 芦ノ湖
天気 晴れ
水温
タックル 借りたパックロッド 今回の釣れマップ

釣れず・・・


日付 平成12年9月23日

早起きしたので、一碧湖へ。
3インチグラブのノーシンカー。フォーリング、グラビングをするも当たりなし。
大好きなスラッゴーのノーシンカーへチェンジ。5投目ぐらいにひったくるようなアタリ!
25センチ。西側最初のワンド。
その後12連島の渡り口へ移動。
25センチをキャッチ。
その後雨が降ってきたので、納竿。
全体にバスは底の方に居るようだった。
底まで沈めて、トゥイッチをするとリアクションで食ってくる感じ。

場所 一碧湖
天気 曇り
水温
タックル プライベート用1 今回の釣れマップ


日付 平成12年9月9日

買い物の帰りにちょこっと一碧湖へ。
午後4時45分釣行開始。
ルアーは当然スラッゴーのノーシンカー。
西側最初のワンドで2匹。
岬の先端で2匹キャッチする。
どれも25センチに満たないちびバス君。
午後6時納竿。
まあ、短時間で4匹つれればいいと思い帰る。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年9月6日

半年ぶりに芦ノ湖へ行ってきた。
今年からソフトルアー禁止なので、トップウォーター、クランクベイト、スピナーベイト、ミノー、バイブレーション、ラバージグ×2をロッドにつけて出陣!
ボート屋のおばさんの話では、漁協の桟橋で先日40アップが出たとのこと。
早速漁協前の桟橋へ!
桟橋周辺には数十匹のバスが泳いでいる。確かにこれならつれそう!
と思いきや、突然とんでもない量の雨が降る。いきなりずぶぬれになる。
気分を変えて、最初はスピナーベイト(名前等不明)!かなり投げつづけるが反応がない。
そこでサミーの65(あゆカラー)にチェンジ。3投目でヒット!30センチ。
が、その後が続かない・・・。次にコンバットクランク(黒ボディに赤腹)にチェンジ。しばらく投げてるとヒット!33センチ。
その後は、プリンスホテル前の桟橋まで、同様に流していくが、あたりは無し。
午前10時になって、箱根の関所下へ移る。
観光船桟橋の下へC.C.ラウンドをスキッピングすると、約30センチのバスがヒットするが、初めてラバージグにかかったバスなので、あわせが不十分でボート際まできて逃げられる。
午後12時、弁天の鼻に移動して、岩場をスピナーベイトでランアンドガン。

28センチをキャッチ!そして1本ばらす。
その後、雨と風が強くなってきたので、帰港する。

場所 芦ノ湖
天気 雨時々晴れ
水温 23.5℃
タックル トーナメント用13、6、8、9、
10、11
プライベート用4、7


日付 平成12年9月2日 風がかなり強い。
スラッゴーのノーシンカーにて西側最初のワンドで1匹取る。

岬先端へわたる最後の渡り口で1匹取る。
岬の先端で4匹捕まえる。以上全部25センチ未満のチビバス。
25センチ程度のバスが食ってきて、岸際まで寄せるが、岩に頭を突っ込まれ、ばらす。
その後西側最初のワンドと渡り口のところのウィードで1匹かけるが、ラインブレイクにてばらす。
午後4時半になり、風がやむ。
風と同時にあたりもやむ。
午後5時納竿。
場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1



日付 平成12年8月6日 午前6時30分、平野ワンド「山水荘」よりボートで釣行開始。
おじさんの話では。ここのところ、非常に食いが悪いとのこと。理由は・・?
リグはチューンしたスラッゴーのノーシンカー、タイニーブラッシュホグの1/16オンスジグヘッド、リーパーのダウンショット、3/8オンスのスピナーベイト、1/2オンスのラバージグ。
風は微風。
スタート周辺で、手を変え、品を変え、いろいろとやってみるが、まったく反応なし。
「ひょっとしたら、魚いないんじゃないの?」と思ってしまう。
シャロー、ストラクチャー、ディープをいろいろやってみるが、やっぱり反応なし。
午前10時、東電前?へ移動する。
サイトをしていると、25センチほどのバスを発見。
ダウンショットにてかけるが、ボート手前でジャンプ1番!ばらす・・・。

もう1回かけようと思ったが、もうまったく相手にされず・・・。
徐々に暑くなってくる。
釣れんわ、暑いわで、もうメロメロ。
我慢できなくなって、午後0時に納竿。


どうも山中湖とは相性が悪いみたい・・・。
場所 山中湖
天気 晴れ
水温 24〜26℃
タックル プライベート用1、2、3、4、6


日付 平成12年7月30日 午前8時釣行開始。
ルアーはチューンしたスラッゴーのノーシンカー。
水は少し濁っている。
12連島への渡り口で1投目に20センチのバスが釣れる。

その後、同じ場所で同様のサイズをキャッチ。
西側最初のワンドにてまた同様のサイズをキャッチ。
さらには、10センチの「ギル吉」までキャッチ。
さて、この調子でと思い、場所移動。
岬の先端へ行こうと思ったが、途中で「蛇君」と遭遇!
とぐろを巻いていた。
目が合ってしまい、びびって逃げる・・・。
午前9時、暑くなってきたので納竿。

午後3時、「Iシグロ」で2,980円で新調したウェーダーに履き替え、再び釣行。

西側最初のワンドにて25センチをキャッチ。
岬先端への最後の渡り口で30センチをキャッチ。
この2匹とも、「ゴン!」との明確なアタリあり。
ノーシンカーをフルキャストして、底まで沈めて、
深田恭子ちゃんのように「アルデンテ、アルデンテ」と独り言を言いながら1分待って、アクションを加えたところのあたりだった。
これがリアクションバイトというのか?
その後、岬先端で20センチぐらいを2匹キャッチ。
更にキャストを繰り返すと、ひったくられるようなアタリ。
一瞬でラインブレイク。
何が起こったかと思っていると、数秒後に「赤い巨大な鯉太郎」が悠然と泳いでいました。
後には呆然とする僕がいました。
その後は2本ほどバラシて、、午後6時に納竿。
ウェーディングするときは、静かに歩きましょう!
「ポチャ」という音はまだいいけど、「ゴリ」というような低い音には、バスは敏感に反応し、逃げてしまいますよ!


鯉までかかるよ一碧湖!
場所 一碧湖
天気 雨のち晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年7月29日 午後6時30分釣行開始。
ルアーは当然チューンしたスラッゴーのノーシンカー。
風はまったくない。
12連島への渡り口で2投目に20センチの一碧湖サイズのバスが釣れる。

その後、同じ場所で同様のサイズをキャッチ。
1匹ばらす。

その後、神社手前のシャローで25センチをキャッチ。
暗くなってきたので、午後7時に納竿。


やっぱり数がつれます一碧湖!
場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年7月22日 午前7時釣行開始。
湖にはところどころアオコが発生している。

漁協側シャローにて20センチのミニマムバスをキャッチ。(なぜ、この津久井湖で?)というサイズ。
その後、同様のシャローで40センチオーバーを見つけ、ノーシンカーのスラッゴーを投げると、くわえるが、あわてて電撃合わせをしてしまい、思いっきり逃げられる。その後2度とそのバスの顔は見れず・・・。
自分の技量の無さを痛感。
その後、橋脚周りで、ランカーが数匹いるのを発見。
大き目のワームのノーシンカー、ラバージグなどいろいろ試すが、相手にされず。
あまりの暑さに午前11時納竿。


見えるデカバスが釣れるような腕が早くほしい!
場所 津久井湖
天気 晴れ
水温 24℃
タックル プライベート用1,2,4


日付 平成12年7月2日 午前6時釣行開始。次週開催のファンバストーナメントの下見に来る。
西側ワンド奥よりボートを出す。バスは水面近くに浮いている。ギル、フナ、鯉の数も多い。
岸際にはヘラ師が多く、シャローは打て
るところが少ない。ワンド奥の岩場で子バスのバイト。
ワンドを出て、水深が8メートルぐらいの所で浮いているバスが多数いて1〜1.5メートルぐらい離れたところにキャストすると食ってくる。このくらいの距離が見えバスにはいいようである。3匹ゲット。
ワンドの出口にブレイクがある。
西側のカヌーブイに水中島がある

魚影も多く来週は期待できそうだ!
場所 精進湖
天気 晴れ
水温 24℃
タックル プライベート用1,2,4


日付 平成12年6月25日

午後2時釣行開始。
岬先端へ渡る最後のところで25センチヒット。
岬先端東側で25センチと20センチがヒット。西側で15センチがヒット。
岬へ渡って西側最初のワンドで30センチがヒット。
午後5時釣行終了。ルアーはすべてチューニングしたスラッゴーにて。

初心者にはぴったりの湖「一碧湖」。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年6月24日

16:30より釣行開始。
12連島への渡り口で25センチ1匹キャッチ。
午後時納竿。

買い物帰りにちょっと寄ってみた。釣れてよかった・・・。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年6月10日

14:40より釣行開始。
12連島北側最初のワンドにて、小バスのバイト。その後25センチ1匹キャッチ。その後岬先端で小バスのバイトがある。すべてスラッゴーのノーシンカー。1/32オンスのジグヘッドとロボワームのストレートに変えると一投でバイト。ラインブレイクで逃げられる。
午後4時納竿。
シャローにはかなりの数のバスが肉眼で見える。また、ルアーへのアタックも見え、興奮する。
相変わらずのセコ釣り変わらず。昔のハードルアー使いの面影どこへやら・・・。

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年6月5日

午前5時より河口湖にて友人夫婦とともに3人で釣行。場所は、さかなやボート店横の熔岩帯。

午前中、ノーシンカー(チューンナップスラッゴー、ラッキーストライク3インチ)、ロボワームリーチのダウンショット(パープルウィニー、ブロンズサンダー)で25センチを頭に9本キャッチ。
岩の上にランカークラスがサスペンドしているのが、2、3見えるが、自分の繰り出すルアーには、まったくの無反応・・・。
その後、10回近くリベンジに出るが、あえなく返り討ち・・・。

午後になって、ロボワームリーチのダウンショット(ブロンズサンダー)のヒュンヒュンで2バイト。
ノーシンカー(ラッキーストライク3インチ)、ロボワームリーチのダウンショット(パープルスモーク)にて1匹づつキャッチ。
友人夫婦も数を釣る。

午後4時、納竿。

ラバージグ用として
 ロッド:ダイコー ブルーダー BC−56UL
 リール:シマノ スコーピオン1501
 ライン:不明
 ルアー:ラバージグ
を使用した。

たまには河口湖もいいよね。
場所 河口湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1、2,4


日付 平成12年6月4日

雄蛇ヶ池にて、午前4時より釣行開始。
湖全体にウィードが水面まで生い茂り、エレキに絡まりまくる。
釣果としては、展望台下岬の先端で、スラッゴーのノーシンカーにバイト。バラシ。
その横、倒木で4インチグラブ(ウォーターメロン)のノーシンカーにバイト、30センチをキャッチ。
その後、大やつ横の倒木で、小やつ、大やつの間の岬のウィードでそれぞれノーシンカーにバイト、が乗らず。
午後2時納竿。
ダウンショットはTD−LINE FT 5ポンドとボディシャッド3インチを使用。
ジグヘッドは、メイプルライン4ポンドに1/32オンス♯2のジグヘッドにゲーリー4インチグラブのホワイトとチャート、ロボワームストレート4インチの3種類を使用。
ノーシンカー用として
 ロッド:ダイワ プロキャスターX
 リール:ダイワ リーガルZ1500iA
 ライン:メイプルラインナイロン4lb
 ルアー:がまかつワームフック315 ♯2
     チューンナップスラッゴー
     がまかつワームフック314 ♯1
     ラッキーストライクグラブ3インチ ウォーターメロン
ラバージグ用として
 ロッド:ダイコー ブルーダー BC−56UL
 リール:シマノ スコーピオン1501
 ライン:不明
 ルアー:ラバージグ
を使用した。
ウィードエリアでの釣りが大の苦手なことを改めて実感・・・。

場所 雄蛇が池
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1、2、4


日付 平成12年5月27日

天気は曇り。午前8時釣行開始。最初ラッキーストライクのウォーターメロン3インチグラブにて島周り西側最初のワンドにて2匹キャッチ。
あとはチューニングスラッゴーで島周り8匹追加。11:30納竿。

午後4時30分再び釣行開始。島周りでチューニングスラッゴーで8匹追加。サイズは15センチから30センチ。
午後5時30分終了。


一碧湖、激釣れ状態まだまだ続行中!

場所 一碧湖
天気 曇り
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年5月21日

午後2時30分より釣行開始。上記スラッゴーのノーシンカーで釣る。
西側最初のワンドで4本。サイズはみな小さい。
岬先端の渡り口で2本。やはりサイズは小さい。
岬先端で4本。サイズ小。
ルアーをラッキーストライク3インチグラブウォーターメロンのノーシンカーにチェンジする。
ルアーのチェンジにより質量が増え、飛距離が増す。
20センチが2匹、42センチが1匹。釣果は減るがバイトは多数。
浅いところに小型のバスが、深いところに大型のバスがいるようだ。
午後5時30分になり、風が無風となると、バイトがぴたりと止む。
午後6時釣行終了。

一碧湖、激釣れ状態続行中!

場所 一碧湖
天気 晴れ
水温
タックル プライベート用1


日付 平成12年5月20日

午前10時より釣行開始。
ラインは、メイプルライン4ポンド(ナイロン)。
チューンナップしたスラッゴー(頭の部分を大きく斜めにカット)で全部釣る。

アクションは3トゥイッチ1ポーズ。ポーズ中にバイトが多い。
12連島周りで全部釣る。島へ渡る浅場で3匹、西側最初のワンドで2匹、岬先端への渡り口で3本、岬先端で2本。
魚は湖全体に散っている様子。シャローではどこでも釣れる。
が、一番岸よりで釣れる魚はサイズが小さい。
11時30分納竿。

午後4時30分再び釣行開始。
島へ渡る浅場で2本。西側最初のワンドで4本。
サイズは15センチから25センチ(2本)。
午後5時30分納竿。

一碧湖、激釣れ状態!

場所 一碧湖
天気
水温
タックル プライベート用1