×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年プライベート編


日付 平成21年4月29日 釣れたポイント





場所 一碧湖
天気 晴れ
水温 20℃
釣果
概況  今年はまだ数回しか釣りに行けてませんが、100%の確立で釣ってきています。
 一碧湖に浮くのはほぼ4ヶ月ぶり。さっぱり状況はわかりませんが、まあかなりの年数通ってるんで概ねの状況はわかります。
 一碧湖半には6時丁度に到着し、準備をすすめヘラ釣りの人と話をしながら出船。
 バス釣り艇は自分も入れて2艘。今日まだ撃たれていない鳥居前に向かいます。
 ダウンショットであたりを探り、クランクでも一通り流すもまったくの無反応。ボート屋のおじさん曰く、「ぼちぼち釣れだしたよ」とのことだけど、話がちがうやんか!
 こういうときにはバスの状況を知りたいので、とにかく1本釣れて欲しいものです。8時半になって、岬の先端に移動。
 で、25センチのバスをキャッチ。これで安心。水温も計ると20℃あり、こんな浅い水深でこのサイズってことで、今日はすでにデカイのはアフターではないかと判断。
 一応プリかと思って準備してきた巻物はアフターのは追ってこれなそうなのでとりあえず封印。
 水深を深いところへ移動し、あとは得意のライトリグ。
 鳥居沖の溶岩から。ダウンショットをズル引き。ギルバイトに混じってバスのバイトがある感じ。しかも、バイトは「コ…」という感じで小さい。慎重にやり取りしてあがってきたのは43センチのバス。釣れたのはモロにアフターのバス。なんとなく読みは当たったかな。他に手の平サイズのギル2匹をゲット。
 ちょっと間が空いて、ボートの反対側の溶岩でもう1本キャッチ。47センチ、1,400gです。自己記録更新!!やはりアタリは小さい。違和感感じたら即アワセという感じでした。
 これで確信。デカイのは既にスポーニング終わってますな。そうと分かれば後は同パターンの釣りをするのみ。この後同じエリアで41センチと40センチをゲット。40センチで丁度1,000gでした。釣れた水深はすべて4m前後です。
 他に乗せられなかったけれど、同じエリアでアタリが2回ありました。
 この時点で12時半。結果としてこれで打ち止め。岬の先端の4mラインを狙ってみると2バイトがありましたが、乗せられたのは1匹。しかも途中でバレる。ギルはちゃんと1匹ゲット。
 後はボート屋脇なんかを撃ってみましたが、既に先行者に抜かれた後だった。しかも51と47だったとか。
 正直、出船の際に、撃とうか迷ったけれど、結果として撃っておきゃ良かった。ボート屋のHPにポイントが乗ってるんだって。それでかなって言ってた。残念。
 今日釣ったのはすべてダウンショットのズル引き。シャローにはあまりバスの姿は見えませんでした。
 1,400〜1,000とあとバラしたのがそこそこあったので、しっかりと捕れてれば今日だけで5キロ超えだったのは残念でしたが、今日はちゃんとパターンを読んで釣れたので、最高です。
帰りにイマイチ調子の悪かった、TD−Zをオーバーホールに出しました。
タックルの補充はなかなか難しいので、今ある道具を大事に使わなきゃね。
本日最小25センチ
2匹目の43センチ。
ボートに上げるときにあごが外れてしまったようで、
不恰好に写ってますが、
池に戻すときはちゃんとはめてあげました。
自己記録更新の47センチ。1,400g。
ちゃんと口閉じ尾開きで計測しました。
4本目の41センチ。
5本目の40センチ。
ジャストキロフィッシュです。
タックル #1 ノーシンカー(3.5inchカットテール)
    ロッド ホーネットプラス HPS−601US
    リール リーガルZ1500iA
#2 ダウンショット(インチホグ、3inchロボリーチ)
    ロッド EGS−601
    リール カルディア2506C
#3 コンバットクランク
    ロッド EGC−603
    リール TD−Z103ML改

日付 平成21年4月12日 釣れたポイント

なしです

場所 H池
天気 晴れ
水温
釣果
概況  先週のJBUに引き続き、バス釣りに。今回はAさんと一緒。
 更に引越しのために、非常に近くなったH池に行ってきました。
 原チャリで5分ほどのところにある池です。100均のアイテムなどを使って、原チャリの後に簡易ロッドホルダーを作りました。400円ほどで作ったものですが、ロッドのガタツキありませんでしたが、振動に耐え切れずロッドが地面に擦れることが数回。帰宅後改修しましたので、今度は完璧です。
 一番の理由は、ロッドホルダーの具合を見るためでしたので、いい収穫でした。
 で、本番の釣りはというと、1時半に到着し釣りを始めたのですが、見えバスはいるものの、なかなかバイトしてくれずに、2バイトのみ。
 1回目はすっぽ抜け。2本目はくわえたけれどすぐに離してしまい釣れず。
 ルアーはダウンショット、リアルミノー、リアルシャッド、ノーシンカーでローテ。
 リアル系のルアーはダイソーの100均ルアーですが動きは秀逸。半端なルアーなんかよりよっぽど基本の動きはできています。すぐに放されましたが、ちゃんとバスは食いつきました。
 で、半周したところでAさんが30センチほどのバスをゲット。が、自分には釣れません。
 最初に釣りをした護岸のポイントでやっと1本ゲット。豆バスの20センチ程度のバスでした。
 そのまま護岸を流すと今度は25センチ程度のバスをゲット。時間は4時くらい。
 今年は3回釣りに行って3回バスゲット。いい調子です。
タックル #1 ダウンショット(インチホグ)、ノーシンカー(3.5inchカットテール)、
    リアルミノー、リアルシャッド
    ロッド ホーネットプラス HPS−601US
    リール リーガルZ1500iA

日付 平成21年1月3日 釣れたポイント



場所 一碧湖
天気 晴れのち曇り
水温 6℃
釣果
概況  あけましておめでとうございます。2009年最初の釣行として、Aさんと一緒に一碧湖に行ってきました。
 いつもその年の初釣りは坊主だけど、今年は釣れました〜!
 では、その内容を。8時半に湖畔集合。でも残念ながら、係りの人が8時から9時半まで休憩をとっているため、出船は9時半に。
 バス釣りのボートは自分らを含めて2艘。ヘラは結構いた。まずは、鳥居沖のハンプへ。しばらく釣りをするけれど、反応無し。メタルジグ、ラバージグとダウンショットで辺りの状況を探るけれど、反応がありませんでした。
 ですので、若干鳥居側へ移動。ここにも溶岩があります。で、自分はダウンショット、Aさんはクランクなどで辺りを探ってみます。
 すると、溶岩を超えたところで違和感が!!スイープで合わせると生命感アリ。けど、あまり暴れずに重いだけ。魚体が見えると、かなりデカイ。最初は50超えたかと思いました。
 が、上げて計ると口閉じ尾開きで45センチしかありませんでした。上げてくる途中で縮んだのかも。。。けど、嬉しくていい歳こいて若干うかれました。
2009年初バス!!45センチ!!
 この次はAさんに釣ってもらわねばならない。と思いましたが、Aさん防寒が足りず、若干テンション下がってる。それで、3時半まで粘りますが、残念ながらノーフィッシュでした。
 釣れた場所は溶岩のところでしたが、水深は2m。結構浅い。しかも、釣れたバスのフッキング位置は上あごで活性は低い感じ。このサイズのバスがこういう感じなので、それからは、ハード系のルアーは止めて、ダウンショット1本で。非常にゆっくりに引いてきますが、2匹目は釣れませんでした。
 湖は減水傾向だったので、今まで気づかなかったストラクチャー発見。今回は湖に魚探もかけたので結構地形もわかりました。
 とにかく初釣りで1本出て良かった!!
タックル #1 ダウンショット(ミニスワンプクローラー、ドラッグシャッド)
    ロッド ホーネットプラス HPS−601US
    リール リーガルZ1500iA
#2 LIVE−Xリバイアサン、メタルジグ
    ロッド EVC−603
    リール TD−Z103ML改
#3 ダウンショット(インチホグ)
    ロッド EGS−601
    リール カルディア2506C
#4 3/8ozラバージグ
    ロッド EGC−603
    リール TD−Z103ML改