×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004年トーナメント編

日付 平成16年6月20日 前日までのプラン
まったく無しです。
場所 河口湖
天気 晴れ
水温 22.5度
釣果 0です
概況 やっと出陣しましたチャプター、奥河口湖チャプター第2戦です。
我が家を2時半に出て、一般道を走ること3時間。勝山村営駐車場に到着。
ボートを下ろすのを手伝ってもらい、早速ボートの準備。
しかし、河口湖に到着してわかったのが非常に風が強い。沖ではウサギがぴょこぴょこしてました
受付、ミーティングの後、スタート。ノンプロ組は抽選の末、後半スタートです。
今回は強風のため、ローボートエレキ、及びフットターボは対岸へ渡ることが禁止されました。
また、その代わり桟橋を打つことが許可されました。結果はこれが良い方向になるんですが…。
さて、まずはさかなやワンドの対岸の二町ワンドへ向かう。
葦際を個人的三種の神器のノーシンカー、ジグヘッド、ダウンショットで探ってみる。
その間ギルバイト1回のみ。ちょっと風に流されながら移動し、ちょっとずつ横に沈んでる岩なんかを打ってみる。
それでもアタリが無いので、深めに移動。同じところを流してみますが、さっぱりでした。
ノーシンカーとダウンショットを相次いで根ガカリで無くしたので、リグを準備しながら移動を決意。
しかし、ぶきっちょなのか船上での電車結びは難しい。次回はリーダーという形は止そうと思う。
さかなやワンドへ入る。しかしここからが大変でした。
さて、釣りをしようかと思っていると、どんどんボートが風に流される。
エレキをフルパワーにしてもステイすらできず。
そのまま、溶岩帯の島へ座礁。チャプター会長らのボートにオールを借りてやっとのこと脱出。
エンジンで速攻移動です。
「そういえば、去年八杭ワンドで暑いときにバスがいっぱいいたな…」なんてのを思い出したんで、
八杭ワンドへ移動。ワンドに向かって左の入り口のところで間に入れてもらいました。
ちなみにここに来るまでに波を2度かぶりました。多分、その時にキーパースケールを紛失してます(涙)
多分隣の人は5位の人ではなかったかと思います。
当然僕にはアタリも無く、同じワンドの奥へ移動。
1番入りたかった場所には先行者がいたんで、その近くへ入り、三種の神器にて葦際をチェック。
そこでジグヘッドにバイト!最初はギルかなーと思ってたんで、あまり合わせなかったんですが、
水面まできてバスだとわかりました。キーパーサイズでした。
入りたい場所の先行者の方が動かないので、まわりを移動(っていうか風に押されてステイできなかっただけ)。
そうこうしているうちに強風のため、早期終了となりました。
着岸の時もやはり風に流されて、ルール委員長の財津さん達に助けていただきました。
ありがとうございました。かなり恥ずかしかったですけど。
大会結果はバスを釣ってきたのは77名中24名でした。
次回は2枚ペラも持っていこうと思います。
タックル #1 ダウンショット(エコアイボールテール、2.5inchエコクロステールシャッド)
    ロッド EGS−601
    リール TD−Z2004C
#2 ジグヘッド(エコ河口パドル)
    ロッド EGS−601
    リール TD−Z2004C
#3 ノーシンカー(3inchファットストレート)
    ロッド ホーネットスーパーエディション SPS−603L
    リール エンブレムZ 2000C
#4 クランクベイト(アームズクランク)

    ロッド EVC−603
    リール TD−X103HVL

日付 平成16年2月14日 前日までのプラン
陸っぱりはよくわからないので、ダウンショットとノーシンカーで。
場所 河口湖
天気 晴れ
水温
釣果
概況 今年度最初のトーナメントは、河口湖魚種認定釣り大会。さらに陸っぱりでのエントリーです。
大池公園で彼女と一緒に車中一泊したあと、7時過ぎより受付開始。
開会式終了後スタートとなりました。
さて、まあ河口湖での陸っぱりはあまり経験がないので、とりあえず多く探ることのできる、ロイヤルワンドへ突き出た岬の先端へ行きました。
1.5mにおきに並ぶ河口湖ならではの陸っぱりを初体験。とんでもない状況でした(笑)。
状況もわからないので、重めのショートダウンショットで沖へ遠投し、長い距離を探ることに。
溶岩帯なので、根ガカリを頻発しましたが、10時頃にようやくヒット。少しずつ上げてくるも溶岩帯の際で惜しくもばれてしまいました。
リグはインチホッグのダウンショットで、場所はウィードの脇、アクションは時折シェイクを入れながらのデッドスローのズル引きでした。
彼女のほうも、しっかりとキャストをしている。数回目にしては十分で、ポテンシャルは多分俺以上。前回に比べ、飛距離もキャストの正確さも上がっている。あとは経験と知識を積むのみだ。
さて俺のほうは、11時くらいにやっとヒット。そしてキャッチ。
リグは3.5インチカットテールのウォーターメロン、アクションはフォーリング、場所は溶岩帯でした。
でもロッドに伝わる重さはばらした方のが重かった(涙)
隣の人が釣ったバスもすぐに弱っていったので、急いでウェイイン。
重さは498円(係の人が言ってました)!正確には498g、順位はその他大勢でした(涙)
で、陸っぱりをして初めてわかったこと。ボートの人、陸っぱり優先エリアで岸により過ぎです。しかも後から来て。ちゃんと説明あったのに…。JBのエンジンベルトしてる人まで来たし。譲り合いの精神で平気ってことなのかな…。
ボート部門の上位が皆ノーシンカーやジグヘッドのフォーリングだったんで、これが結果的にキモだったみたいです。放流魚は浮いてるんですね。でもまあ、とにかく初バスゲット!去年の初バスが4月13日だから1ヶ月早くなりました!
タックル #1 ダウンショット(インチホッグ)、ノーシンカー(3.5inchカットテール)
    ロッド ホーネットスーパーエディション SPS−603L
    リール バイオマスター2500MgS

彼女用 ダウンショット(インチホッグ)

    ロッド ロードランナーアウトバック RR600STS
    リール エンブレムZ2000C